FC2カウンター

プロフィール

ストム

名前:ストム
日本国民です。人類を愛しています。
マギノギのキャラクター画像です。キホールサーバで活動中。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Flashリバーシ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

私立エンターテイメント社
ストムと愉快な仲間たちの日常とその他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには真面目なことを考えてみる
サービス業という職業があります。
(サービス(残)業は職業ではありません。)

基本的にお客に品物以外で喜んでもらって、
対価をとしてお金をもらうという商売です。
代表的なものとして、ファミレスなどでしょうか。
ファミレスの場合は、
食事を作るのめんどくさい、片付けたくない、
おいしいものを食べたいといったものの対価として、
食事を提供して、お金をもらうわけです。

簡単な話です。
問題は「お客に喜んでもらうということ」。
某ホテルとか、有名遊園地とかは
その最上級に位置するサービス業であり、
非常にリピーターが多いとか。
「あそこに行って嬉しかったからもう一度行こう」
という風になるわけです。
ホストとかホステスとかにはまる人も同じ心境なのでしょう。
では、反対にサービスする方はどうなのでしょうか?
本当に「喜んでもらいたいのか」。
大道芸人じゃないのですから、喜んでもらわなくても、
お金は会社からもらえるわけですよ。
多いか少ないかは別にして。

私はひねくれているので、疑問に思います。
最高級のもてなしに感謝の心がまぎれていたって
私は気づきもしません。
私がサービスする側に立ったら、
間違いなく、サービスしません。
理由は簡単です。
サービスしなくてもお金がもらえるから。
そんなことでは首になる?
では、喜んでもらう必要がないけれど、サービスします。
何故、喜んでもらいたいのか。
その理由がわかりません。

何が言いたいのかというと、
小説家とか、ミュージッシャンとか、漫画家とか、
芸術家とか、何を考えて創作をしているのか?
「お、いいフレーズ浮かんだ」
で音楽を作っているようでは、
喜ばせていることになるのでしょうか?

小説を書いていて、疑問です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pecsutomu.blog101.fc2.com/tb.php/11-920b541b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。