FC2カウンター

プロフィール

ストム

名前:ストム
日本国民です。人類を愛しています。
マギノギのキャラクター画像です。キホールサーバで活動中。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Flashリバーシ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

私立エンターテイメント社
ストムと愉快な仲間たちの日常とその他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラムの開発の話
プログラムの開発手法にウォーターフォールも出るというものがあります。

元は建設業からきた開発手法だといわれています。
その特徴は、最初に作るものを決定することです。
そして、後戻りができないということです。
家を建てるとき、設計書ができて、
建て始めた後は普通、あれを変えて欲しいということは
ないということです。
後、この頃、私自身が思うことがあります。
ウォーターフォールって、作った後のことを考えていないんじゃ?
設計した家を大工が建てます。
一年して、どうですか、使い心地は?と聞かれて、
~が使いにくいといったからといって、早々変更したりできないと
思います。
が、
プログラムの話になると、
~が使いにくい、バグだ。といわれると、
よく変更することになります。
で、さらにバグを仕込むわけだ。

ウォーターフォールを改良したスパイラルとかもあるけれど、
最初に設計書ありきだ。
その後、改良と共に、設計書のほうも修正する必要が出てくる。
時間がかかって仕方がない。
かといって、XPのようなプログラムだと、
設計書よりもテストのほうが重視されて、
新しい人が入ってきたときには、その人に
設計書を見せることができない。
かつ、もちろんプログラムを作る期限が
決まっているから、XPよりも
ウォーターフォールのほうが、スケジュールが
作りやすいわけだ。

何かいいつくり方はないものですかね?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pecsutomu.blog101.fc2.com/tb.php/17-031ee7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。